夜のお抹茶時間

  • 2014.03.31 Monday
  • 22:00

昨日、大阪の農林会館にある
「煎茶と靴下、そして薬草」さんにて開催された
「夜の抹茶時間」に参加してきました。

お抹茶を点てる茶道具の一つである茶筅(ちゃせん)
実はその茶筅の生産量の8割〜9割が、奈良県で作られているそうです。

今回は奈良県生駒市にある高山町より
茶筅職人の方が来てくださり、
色々興味深いお話を聞きつつ、素敵なお茶会が開かれました。


茶道といえば京都という勝手なイメージでしたが、
奈良で8割以上も作られていると知って驚きました。

冬に切り出された2,3年生の淡竹(はちく)、
丁寧に油抜きがされ、このような色に。
茶筅になるまでの緻密で繊細な工程たち。



流派によって、使われる茶筅も決まっていて
形も60種類以上あるそうです。



今では、竹もなかなか手に入れにくく、
この茶筅の世界でも中国産が増えてきているようです(>_<)

これらの技術は、一子相伝。
もっと奈良で作られていること、茶道のなじみがない今
茶筅について、抹茶について身近に感じてもらえれば、とおっしゃっていました。

そして、自分で立てた抹茶と
夜のお茶会用に準備いただいたお茶請けをいただき
(これまた、どれもとっても美味しくて感動!)
至福の時〜(*^^*)




最後には、お口直しのほうじ茶まで。
至れり尽くせりのお茶会でした。


購入したマイ茶筅で、これからデイリー抹茶はじめます!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

  

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM